May 31, 2012 - blog    No Comments

LEE BUL:
FROM ME, BELONGS TO YOU ONLY

韓国人アーティスト、イ・ブル女史大規模個展がありました。
紹介文は森美術館の公式サイトに詳しいので、ここでは繰り返しませんが、サイトのトップに表示される『出現』という作品は金沢21世紀美術館 1 に所蔵されているらしいので、また観に行きたいと思います。

アウラ2 、という概念をめぐっては多くの議論が交わされていますが、世界が複製品で溢れて、情報化されたものにはどこでもいつでも会える、という状況に至ってなお、私たちはなまの作品に触れたいと願い、そこに出会いを求めていきます。アーティストの見た世界、息吹、その衝動、感性を、自分の身体というメディアで触れ、確認し、ともすれば追体験するために。

彼が作品の複製というものに対して抱いた嫌悪感の片鱗を、私も共有しています。けれど私は、例えば今回の展示であれば『ブルーノ・タウトに倣って(物事の甘きを自覚せよ)3 』や『秘密を共有するもの』のポストカードを買って、それをファイルに忍ばせ、何気なく取り出しては思い返し、完璧ではないにせよその気持ちを追体験しています。

思い出を思い返す時でさえ、その体験と私たちは再び邂逅し、迷い、悩み、ともすればそれによって傷付いたり、過去のある時点にまでどうしようもない力で引き戻されたり、しています。
アウラ、一回性のもの、オリジナルにしか存在しないもの。そうでしょうか。だって複製品は、複製されたものとして現出しているのです。私たちはそれに「出会って」いる。呼吸している。
答えは、まだ出ません。

クラッシュ/出現/断食芸人

最も初期の作品がソフトスカルプチュアといって布や綿を用いて作成されているのに対し、次のエリアで目にしたのは、ビーズやワイヤー、ステンレス、ポリウレタン等の人工的4 な素材を用いて作り出された作品群でした。
何気なく目にしている無機的な素材が、彼女の手によって組み合わされ、存在として姿をあらわすとき、デリケートでナイーブな女性の身体フォルムを象った全体の姿や、或いは移ろいやすい心性やはかない美しさが現出したかのような繊細なビーズ細工に、私は心を奪われ、吊り下げられた作品をただ見上げながら、また床に無造作に散らばったビーズの1つ1つの輝きを目で追いながら、その彩りに没頭したのでした。
「自分の人生や自分を取り巻く世界、社会がとても不合理で、受け容れ難いものに思えて(……)それが人類や未来へと向かっていって、終わりのない問いになりました」

ブルーノ・タウトに倣って(物事の甘きを自覚せよ)/私の大きな物語:石へのすすり泣き/朝の曲

この個展は彼女の作品群を年代毎に追っていく構成になっており、身体をイメージさせるような作品から、徐々に大きな作品、建築的な作品へと変化していきます。ここでもビースやワイヤーを用いた細工が生きていて、床面の鏡に映ってその幻想的な姿を更に美しく見せていました。
「ユートピアと幻想風景」「理想的な社会や幻想風景、現実と虚構の空間が交錯」——エスペラント語で書かれたメッセージが明滅するネオン、北欧の建築のように天を突く山、床に零れ落ちるビーズ細工の群れ。この頃になると時代を支配したイデオロギーや価値観を取り入れた作品が登場します。
彼女はブルーノ・タウトに言及し、「建築は物理的にも理想という意味でも人類が置かれる状況に関わ」っている、とした上で、「彼は検閲も限界もなく理想の環境を作ることが出来ると分かっていたのです」と表現しました。
「理想を夢見ることが大事だと思っています」

秘密を共有するもの

この作品は今回の個展にあたって制作された新しいもので、無機的な素材と有機的な(例えば木材のような)素材を組み合わせて表現されています。『出現』や『クラッシュ』に似た、けれど全く違う作品の横を通り過ぎると、一番奥が全面ガラス張りとなったエリアに背を向けてそれは現れました。アトリエを再現したエリアで24体の試作品が展示されていなければ、犬の姿だと俄には分からないような姿をした、繊細で攻撃的で、輝く、バラバラな光の群れ。体を突き破って外へ、外へ。燃えるように輝く東京の夜景の中にガラス越しに浮かび上がる姿は、彼女がインタビューの中で言及していた通り、とても孤独で、けれどすべてを預けるかのように、さらけ出しているかのように、私には見えたのです。

私からあなたへ、私たちだけに

「とても暖かくてとても愛おしくて、そんな感覚の中にいたい
できることならそれを与えたい 共有したいという気持ちを込めました
いつも別の何かを探していることがすばらしいのです
残酷で惨め、同時に幸せで楽しい
そんな対照的な状況を見比べることはできませんが
それがどういうことなのかを見極めたいと 過去20年間頑張ってきました
そのプロセスが作品なのです」


  1. 「ソンエリュミエール – 物質・移動・時間」と銘打った企画展が11月まで開催されているようなので、これにも是非行きたい!ヤン・ファーブル草間彌生ゲルハルト・リヒターアンディ・ウォーホルと聞いて行かない人がいるでしょうか。というかあれだけのラインナップの中でこのくらいにしか言及出来ない=全然知らなくてすみません。 

  2. ベンヤミンの提示した概念で、複製芸術ではないオリジナルな作品がもつ「崇高な」「一回きりの」出会い、そこに見出すもの、といったニュアンスで私は捉えています。 

  3. このタイトル、ポストカードを見ると「物事の甘きを自覚せよ」なんですが、私が当日会場でとったメモには「夢の甘きを自覚せよ」となっていました。深層心理の現れでしょうか。面白いですね。 

  4. この表現もなかなかアグレッシヴですが、どうでしょう、自然界を思わずにはいられないような素材とは別に明らかに工業的な手法によって作り出されたこれらの素材を用いた作品は、やはり存在としての手触りが異なるように思えるのです。 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!