Sep 30, 2013 - music    No Comments

ひかり

2013.09.181
 

街の灯り少しずつ消えて
僕の世界ここだけになった
優しい歌も 君の言葉も
遠くまたたく気がしていた

君のまぶた物憂げに揺れた
鼓動さえも聴こえる気がした
僕らは、不器用に、息を小さく吐いた

届きそうなほど まばゆい記憶も
微笑みに変えて 笑いあえたら

言葉はいつもどこか足りない
過剰になれば君を泣かせて
いくつに、なっても、寂しさには慣れない

何でもないことばかり思い出すよ
木の葉擦れの音や 遠い鳥の声や
二人だけの秘密の場所
雨上がりの匂い

届きそうなほど まばゆい光も
やさしさに変えて
心に灯す
未来を照らす

忘れずにいるよ 胸を温めるよ
あの頃のままの記憶、今も

届きそうなほど まばゆい光で
僕らを照らすから
歩いていける
いつもの笑顔で
 


  1. 昨年末に作った「ミルキーウェイ」という曲があって、これは他の方の言葉やメロディをお借りして作った曲だったのですが、私自身の言葉とメロディだけで聴きたい、というリクエストを頂いたので、色々と手を加えて、別の曲になりました。ミルキーウェイの時にあった寂しい雰囲気がずいぶん和らいで、ああ私はこの曲が書けてよかった、やさしい気持ちで歌えるようになってよかった、と思えました。 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!