Feb 15, 2013 - music    No Comments

君を泣く

2007.xxx 1
 

遠ざかる夏の光 空をよぎる影
夕立の向こう側で 君が笑う

どれだけの時を過ごしてゆくのだろう
少年のままの痛みさえ
忘れる?

ささやきと秘密の群れ 泡沫のように
幾千の言葉たちと 紛れてゆく

君がいることの他には何ひとつ
僕に必要なものなんてなかった
今更

まだ 君の声が聞こえる気がする

それでも季節は廻り 何度目かの夏
光さす庭に立てば 君が笑う

夜空に咲いては散る花のように
ひとときのうちに消えてゆく
儚く

まだ 君の声が聞こえるような気がする
影を踏んだ 縫い付けた
僕の胸に

蝉時雨
絶え間なく降り注ぐ

思い出せる

忘れる?

君を
忘れる…?
 


  1. 島林深雪の『歌声』という曲を練習しているうちに、するすると出来てしまった曲です(ひどい)。Cメロ以外のコードは島林楽曲から頂戴しています。  

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!